水色書架

自作の一般向け現代小説を書いています。長編短編をご用意しております。
はじめに
次の小説を構想中です。しばしお待ちを…。

TOPページではブログ仕様で、新着記事順ですが、
【作品リスト】から小説タイトルをお選び頂くと、順を追ってお読み頂けます。
1章ごと《続きを読む》から本文全文をお読み下さい。
【作品のご案内】 ← 作品のあらすじ等は、こちらをご参照下さい。
尚、当ブログ作品の無断使用・転載は禁止しております。

作品リスト  [ 作者より ]

試み(ご挨拶にかえて)

ブログで小説を書く・・・
ということは、普通、書籍ならば縦書きのものを
ブログでは横書きで書いたものを読まれるということである。

縦書きか、横書きかでは、文章の読み取り方が変わってくるのではないかと常々思っていたので、横書きで小説を書くとなると、読み手に読みやすく、かつ、小説らしい表現方法を考える必要があるのかもしれないと思い、実験的に書いてみることにした。

本を読み親しんできた者からすれば、横書きのネット上での文章は、長ければ長いほど読みにくい。また行間が詰まっていればいるほどどこを読んでいるかわからなくなる。下へスクロールするたびに、文章を追う眼球が画面をさ迷って疲れる。

反対に、行間が多くあけられていると読みやすい。行の頭を探す苦労がない分、負担がないからだろうと思う。無論、字の大きさも大きければ読みやすく、漢字が少ないほど読みやすい。

だが、これで小説らしい小説になるのだろうか。
ストーリー漫画を描く際の、プロットのような文章ではないのだろうか?

言葉や文章を大事にしたい思いが強く、しかし、内容にのめりこむ前に字数の多さや詰め込みによって飽きられてしまうのを考えたとき、どの程度の文章なら読みやすい小説にできるだろうかと試してみたくなった。

とはいえ、所詮、素人の書く小説なので、内容そのもので惹きつけられるかは全く自信はない。とりあえず、宣言だけしておこう。

あと、縦書きにしろ横書きにしろ、段落の最初は一文字空けるのが普通なんだけれど、空けずに詰めて書くことにした。

それから、少しずつ小出しにアップするより、まとめてからアップしようかとも考えている。不定期にしか書けないので、毎日アップする日もあれば、1週間以上間が空く場合もあるかもしれないと思うと、まとめて推敲してからアップするほうがいいかも・・・と。

さて、ま、書いてみるか。
スポンサーサイト
[ 2009/06/11 02:15 ] 作者より | TB(-) | CM(-)

作品のご案内

作品の簡単なあらすじと、作品別のページをご紹介します。

 注意点
(1) 作品リストで選択した各作品のページでは、1ページ30件表示に設定しています。
  (TOPページでは5件表示です。)

(2) 1件(1章)ごとに全文表示ではなく、【続きを読む】機能をつけ、
  TOPやカテゴリでの1ページの表示が長くならないように設定しています。

★長編小説★

『ダイニング』
 『ダイニング』 (1)~(30)
 『ダイニング』 (31)~(60)
 『ダイニング』 (61)~(64)完
一般的な専業主婦のマユコは、多忙な夫や手の離れてきた息子・娘と隔たってきているのを感じていたが、ブログを始めることで唯一彼女自身の世界を見つける。ある日、ふとしたことから夫への不審を抱き、見知らぬ女の子からの電話、深夜に夫のケータイに着信する音などが彼女を不安にさせる。そして、マユコにも新たな出会いが・・・。


『dearマリア』
 『dearマリア』 (1)~(30)
 『dearマリア』 (31)~(60)
 『dearマリア』 (61)~(63)完
ゆとり世代の大学生で、勤労学生のマリアと彼女を取り巻く仲間たちの青春群像。バイトばかりして講義を休みがちなマリアを同じゼミ仲間のトオルは気になってしかたがない。あるとき、トオルの親友のガチャが同じ学科仲間との懇親のため一計を案じる。同年代の彼らには社会への様々な不安があった。マリアの友人マッツも悩みを抱えていた。そして、マリアの状況や過去を知るにつれ、トオルは超えがたい溝を感じつつも、特別な感情に変わっていく。


『空のフーガ』
 『空のフーガ』 (1)~(30)完
アマチュアのロックバンドをやっている25歳のタニガワリュウセイのもとに、ある日、中学の同窓会開催の知らせが入り、同窓生のトミダマミが故人になっていることを知った。衝撃を受けたリュウセイは10年前のいじめによる出来事と向き合うこととなり、後悔に苛まれる。


『もの憂げな三日月』
 『もの憂げな三日月』 (1)~(30)
 『もの憂げな三日月』 (31)~(60)
 『もの憂げな三日月』 (61)~(88)完
結婚して13年、若嫁のマナミは姑と小姑に悩まされつつ、嫁ぎ先で奮闘していたが、特殊な事情が彼女を孤立させ、徐々に結婚生活に疑問が生じる。ある日、マナミの身の周りで事件が起き、運命が大きく変わる。親友で独身キャリアウーマンのトウコ、不倫で身ごもっていたユキエ、それぞれにとって結婚とは何なのか。


『『勾鱗奇譚』
 『勾鱗奇譚』 (1)~(30) 
 『勾鱗奇譚』 (31)~(45)完 
普通の人より敏感な感覚をもつアマノソウシはゼミ合宿でやってきた地で、、時を超え、若い龍と巫女の語られぬ悲しい伝説を知る。

★短編小説★

『海辺の一夜』
 『海辺の一夜』 (1)~(5)完 
終電で出会った行きずりのパンダ顔の女が気にかかり、男は後を追って、一夜を共に過ごす。不幸にまみれた女の過去、そして未来は・・・。

『マイビターバレンタイン』
 『マイビターバレンタイン』 (1)~(3)完
ミサトには、バレンタインデーにいい思い出がない。夢見ることを忘れて現実的に生きる彼女に、ほんの少しいつもとは違うバレンタインデーが訪れる。

『スペードのA』
 『スペードのA』 (1)~(12)完
受験を控えている女子高生のエリコは、親友に誘われて占いに付き合う。
いい結果の出なかった占いにエリコは翻弄されてしまう。


★連作短編小説★ ←New
≪黒猫お散歩通り≫
 ≪黒猫お散歩通り≫
連作としての短編をまとめています。
(これから増やしていく予定です。)


★作者より★
 作者より

こちらは、私、水之木鈴が、作品に関して、または、独り言のように呟いているものです。
(ここだけは新着順にしたかったのですが・・・。)


★感想など一言どうぞ★
 感想など一言どうぞ

各作品の感想など、別に記事枠を設け、コメント欄にご感想いただけるようにいたしました。


ランキングに参加しています。
 ランキングバナーは各1ページの読み終わりのところに貼り付けています。
 クリックしていただければ大変励みになります♪
  ↓ 
 人気ブログランキングへ

ジャンル : 小説・文学
テーマ : 自作小説

[ 2009/09/15 09:00 ] 作者より | TB(-) | CM(-)

やっと発表

自作の一般小説を書くにあたって開設したブログ、
開設してから3ヶ月かかって、やっと発表に至りました。

『ダイニング』 というタイトルで、
家族の食卓を気にかけながら書いた内容です。
オーソドックスで、地味だと自分では思っています。

また、この小説の主人公マユコについて、
好き嫌いは分かれそう・・・。
嫌いな人も多いかもしれませんね。
そこそこ良くできた人であり、感情の起伏はあまりない、
小説のキャラとしても地味なタイプですが、
地味な人を描いてみたいと思ってました。

一応、これは完結していて、下書きのまま保存しており、
小出しに更新していくつもりです。

トップページでは新着順ですが、
カテゴリーで『ダイニング』のページを開くと、
最初から順に読めるように設定しておきました。
作品ページ内を簡潔にするため、
記事には、「続きを読む >>」 機能を施しました。

実験として書いているので、
作品そのものも、ブログ内部の設定も
おいおい改善を考えていく予定です。
[ 2009/09/15 09:10 ] 作者より | TB(-) | CM(-)

新作のお知らせ

新作を書き上げました。連載を開始します。
タイトルは『dearマリア』。

今言われているゆとり世代の大学生という設定で、
社会問題も取り入れつつ、青春群像を描いてみました。

実はもっと軽く書くつもりが、意外と苦労しまして・・・。
というのも、場面設定が予定より広範囲になってしまったものですから、
これをどうまとめようかと何度も推敲しました。

いまだ、文章のバランスに自ら納得のいってない部分もありますし、
我ながらボキャブラリーの貧困さに悩まされましたが、
私としては、登場人物の一人一人に愛着を感じてます。

お楽しみいただければ幸いです。

ジャンル : 小説・文学
テーマ : 自作小説

[ 2010/05/19 16:00 ] 作者より | TB(-) | CM(-)

完結です

『dearマリア』、完結いたしました。

この物語、構想はちょうど1年前の今頃で、
話の内容と、現実とはリンクしてる状態で書き進めてました。

社会不安は今年になってもまだまだ拭えない状況で、
未来を担っていくはずの若者たちを
もう少し大切にしていけないものかという思いが、
執筆の原動力になってました。

『dearマリア』に限らず、前作の『ダイニング』でもそうですが、
人物名は基本的にカタカナ表記にしてます。(但し、例外はあります。)
ありふれたどこにでもいそうな名前をつけてますので、
漢字を当ててしまうと、同姓同名の実在の人もいるでしょうから、
わざと避けているつもり。
もちろん、キャラクターたちは架空の人物です。


人気ブログランキングへ ←クリックして頂くと励みになります♪

ジャンル : 小説・文学
テーマ : 自作小説

[ 2010/07/21 23:19 ] 作者より | TB(-) | CM(2)

連載を開始

新作『空のフーガ』の連載を開始します。

これまでの作品に較べて、約半分程度の短めの物語です。
もともとこの作品は、前作『dearマリア』と同時進行で構想を練ってきたもので、
前作の中でも少し、今回の作品とリンクしている部分があります。

25歳の主人公タニガワリュウセイのもとに、中学の同窓会の知らせが入り、
そこから彼は、10年前の過去の出来事と向き合うことになります。


いじめ問題を取り扱っているので、短い作品ながら、
少々重いかもしれません。
救いのあるように書いてはみました。

更新頻度はペースを落として、
三日に一度(二日に一度の場合あり)程度にする予定です。

お楽しみいただければ幸いです。


人気ブログランキングへ ←クリックして頂くと励みになります♪

ジャンル : 小説・文学
テーマ : 自作小説

[ 2010/09/01 00:18 ] 作者より | TB(-) | CM(-)

完結しました

『空のフーガ』完結しました。

前作・前々作が60章強、約120,000字の長編、今回はその半分の30章で完結したわけですが、それでも75,000字程度ですので、けっこうな文章量になりました。特に最後の章は、いつもの2倍くらいの量があり、分割することも考えたのですが、流れで一気に読んでもらったほうがいいかとそのままにしました。

内容としては、過去の作品に較べて短いものの、いじめ問題を扱っているため、濃くて少々重い部分もあろうかと思います。実際のいじめはもっと陰湿で残酷でしょうけど、そこにこだわるつもりはなく、ただ、大人になってから、思春期のいじめのことを振り返ることはあるのか、どう考えているのか、それを描いてみたかったのです。

主人公のタニガワリュウセイや彼のバンドは、前作『dearマリア』の中で触れていますし、ガチャは今作と前作両方に登場しているので、両作品の時期設定は同じです。構想を練っていたときも、同時進行でした。

ナツメは構想段階にはなかった人物なのに、突如として現れ、その存在感を増した特別なキャラクターでした。彼女がいてくれたおかげで、話が重くなりすぎずにすんだと思います。

一番難儀したのが、前作でもそうですが、散文とは違う歌詞作りですね。稚拙な歌詞で、いまだ私はもっと何とかできないものかと悩んでいるくらいで。アマチュアバンドの歌詞という設定なので、お許しいただきたく思います。(汗)

お楽しみいただければ幸いに存じます。


人気ブログランキングへ ←クリックして頂くと励みになります♪

ジャンル : 小説・文学
テーマ : 自作小説

[ 2010/11/26 15:17 ] 作者より | TB(-) | CM(0)

短期連載開始します

本日より、短編小説『海辺の一夜』5回に分けて連載します。

3日に一度のスローペースで更新しますので、
2回目は年明けです。

タイトルにもあるように、一夜のある出来事を物語にしてみました。

終電で出会った行きずりのパンダ顔の女が気にかかり、
男は後を追って、一夜を共に過ごす。不幸にまみれた女の過去と未来は・・・。


年末年始の時期、とても小説なんか読んでる暇はないかもしれませんが、
お楽しみ頂ければ幸いに存じます。


人気ブログランキングへ ←クリックして頂くと励みになります♪

ジャンル : 小説・文学
テーマ : 自作小説

[ 2010/12/30 00:32 ] 作者より | TB(-) | CM(-)

完結しました

『海辺の一夜』が完結しました。
5回の短期連載でしたが、1回分の文字量は、
長編連載のときの1回分より2倍弱なので、
読み応えはあったことと思います。

もっと長くしようと思えば難しくはありませんでした。
ナギサ(マイ)やリョウヘイの過去のエピソードを
詳しく描けばいいだけですから。
そこを敢えて、記述程度にしたのは、
サノタカヒロという男をメインにしたからで、
ナギサ(マイ)とリョウヘイの関係をメインにした物語なら、
長編小説にできたでしょうけれど、
行きずりの男タカヒロから見た彼らを描きたかったんです。

行きずりというのは、お互いの過去なんて知らないのが普通。
相手に興味もないでしょう。
でも、何かが引っかかって、タカヒロは化粧崩れした女を追いかけていくところに、
出会いの妙があると思ったんです。

何年か前、私は、雨の中を傘も差さずに急ぎ足で通り過ぎていく女性を見ました。
雨に降られて急いでいるというのじゃなく、
何か悲しいショックなことでもあって、雨をよけるのでもなく、
一心に前を歩いてました。
駆け寄って、「傘に入る?」と声をかけたくなる風情でしたが、
きっと私の顔を見ることもなく拒否するだろうと予期させるほど、
彼女は自分のことで頭がいっぱいだったようで、
あっという間に遠くへ行ってしまいました。

ただの行きずりなんだけれど、とても気になる一瞬だったので、
今でも私は頭に残っていて、その感覚で今回の小説を書きました。

お楽しみ頂ければ光栄に思います。


人気ブログランキングへ ←クリックして頂くと励みになります♪

ジャンル : 小説・文学
テーマ : 自作小説

[ 2011/01/11 15:53 ] 作者より | TB(-) | CM(0)

新作公開いたします

バレンタインまで間がないということで、連日、短期集中連載にいたします。
そう、タイトルは、

マイビターバレンタイン

 ミサトには、バレンタインデーにいい思い出がない。
 夢見ることを忘れて現実的に生きる彼女に、
 ほんの少しいつもとは違うバレンタインデーが訪れる。


お楽しみ頂ければ幸いです。


人気ブログランキングへ ←クリックして頂くと励みになります♪

ジャンル : 小説・文学
テーマ : 自作小説

[ 2011/02/12 23:54 ] 作者より | TB(-) | CM(-)

あとがきにかえて

あとがきがずいぶん遅れてしまいました。(^^;
『マイビターバレンタイン』の短期集中連載はあっという間に終了です。

バレンタインという時節に合わせて書いたものなので、アップを急いだのですが、
今年の寒波に負けて、風邪をこじらせ、推敲がままなりませんでした。
内容は4日ほどで書き上げられたにもかかわらず、
推敲するのに脳内が朦朧として、自分で書いた文章なのに理解できないほど。
そんなで、本当ならもう少し早くアップする予定が
バレンタインデーぎりぎりにまでズレ込んだというわけです。

タイトルは、ジャズの名曲『マイファニーバレンタイン』を想起してのもの。
お気づきの方もいらっしゃることでしょう。

私自身も、主人公のミサトに似ていて、
バレンタインのチョコには拘らないタイプです。
それに、シンプルでプレーンな板チョコ大好き派。
ミルクチョコも好きですが、ビターの歯ごたえもチョコらしい苦味も好きです。

お酒を飲むとなぜかチョコを口に入れたくなります。
もっとも私自身はお酒をほとんど飲めませんが。

若い頃はもっと飲めたので、
居酒屋なんか大好きでした。食べ物も美味しいですしね。

この話に出てくる、バーボン専門のバー、私も一度だけ行ったことがあります。
残念ながら、男性に誘われたのでなく、年上の女性にでしたけどね。
バーというのは、なかなか女性同士では行きにくいですし、
ましてやバーボンとなると、男性のほうが詳しそうな気がします。
連れていってくれた女性がどうやってそのバーを知るようになったかは知りません。
ただ、「大人の女性」というイメージを強くもったことだけ覚えてます。
バーは特別な空間でした。

以上のようなことを頭に、今回の短編を作ってみました。
お楽しみ頂ければ幸いです。


人気ブログランキングへ ←クリックして頂くと励みになります♪ 


ジャンル : 小説・文学
テーマ : 自作小説

[ 2011/02/19 02:09 ] 作者より | TB(-) | CM(0)

改めまして

このブログの名称と、作品の一つのタイトルを一部変更、改めました。

続きを読む

ジャンル : 小説・文学
テーマ : 自作小説

[ 2011/02/23 09:18 ] 作者より | TB(-) | CM(-)

さっそく?

すみません、小説の更新ではなくて・・・。

先日、名称とタイトル変更のお知らせ記事を書きましたが、
さっそく、偽物があらわれました。マメですね~。

改めたばかりなので、新たなほうは検索エンジンにはまだ載らないかなと確認してみたら、
ちゃんと拾っていてくれて、これはありがたいのですが、
先日の記事の偽物も出てて驚きでした。
今は一件だけですが、数ヶ月の内に、また山盛り偽物が出るでしょう。(ため息)

再度、宣言しておきますね。
当ブログは、FC2ブログさんをお借りし、
同一URLで、PC版とケータイ版の2種類のテンプレートがあるのみです。
他のブログ会社でミラーサイトも作ってはおりません。


ちなみに、ここのブログのアドレスの冒頭部分(showse2)は、
見せる=showを使っているのと、「つ」を2として、
”小説”を文字ってあります。

さて、ついでだから、件の偽記事が載せられたサイト(ブログ)で、
他の記事も見てみたところ、よそ様のいろんなブログの記事タイトルを
借用しているもようです。(あえて、借用と書いておきますが、きっと無断でしょう)
勝手にリンクを貼られていると思しき記事もありました。

そこのタイトルだけ検索してみると、本家のブログ様に行き当たります。
そして、その本家様の偽物もたくさんひっかかってきます。
こういう手が流行っているのでしょうか?

実は、先日も、小説を書いておられる知人のホームページから(ブログではないですが)、
こちらは丸ごと、一つの章の全文を無断使用して、アフィリエイト目的の偽記事が
作られていたと知人が嘆いておられました。
それも多種のブログ会社を使って、数多くの記事。
削除依頼をしたところで、イタチゴッコであろうと諦めておられたようです。
私も、不快ながらもそう思います。相手にするのも面倒。そこが狙いかもですがね。

人気ブログランキングへ ←クリックして頂くと励みになります♪

ジャンル : 小説・文学
テーマ : 自作小説

[ 2011/02/26 00:48 ] 作者より | TB(-) | CM(-)

言葉を失っておりますが

先日3月11日の東北地方太平洋沖地震及び大津波によって、
被災された皆様方には心よりお見舞い申し上げます。
亡くなられた方々にはお悔やみを申し上げます。
どうか、気力を失わないで、希望を繋いでいてください。

これまでの多くの地震ですら大変な被害で、これらに勝る災害が起ころうとは思えなかったのですが、予想を大幅に上回る壊滅的な被害に、一体、遠く離れた私は何をすればいいのかと途方にくれ、焦り、歯がゆく、ただただ胸が痛む思いでおります。

今はそれぞれのプロフェッショナルの援助と支援にお任せし、私個人は、おそらく長期的にわたる支援と復興のために、微力ながら何かできることをやりたいと考えています。


こういう状況のため、とても小説を書くどころの心理状態ではなくて、しばらく執筆やここの更新はできそうにないですが、立ち寄ってくださっている訪問者様には感謝しております。


人気ブログランキングへ ←クリックして頂くと励みになります♪
[ 2011/03/14 00:48 ] 作者より | TB(-) | CM(-)

近日公開予定

震災報道等で心がいっぱいいっぱいになり、一文もまともに書けなくて、しばらく執筆作業が滞っておりましたが、新作を近日公開する予定です。

まだ実は書いている最中で、無事に話を書き終えるだろうかと心配はあるものの、大筋は頭の中で出来上がってますので告知に踏み切りました。

タイトルは、『スペードのA』(仮称)。
受験を控えた女子高生のちょっと可愛いお話です。
短編のつもりで書いておりますが、一度(1ページ)の公開を約1,700字前後にして連載予定です。


人気ブログランキングへ ←クリックして頂くと励みになります♪


しばらく更新しない間、こちらにご訪問頂き、お読みくださった皆様、感謝いたしております。今後ともご愛顧のほどよろしくお願いいたします。m(_ _)m

ジャンル : 小説・文学
テーマ : 自作小説

[ 2011/04/27 10:07 ] 作者より | TB(-) | CM(0)

連載開始します

本日より、短編小説、『スペードのA』の連載を開始します。

12回の連載を予定しています。

 受験を控えている女子高生のエリコは、親友に誘われて占いに付き合う。
 いい結果の出なかった占いにエリコは翻弄されてしまう。


十代の女の子にありがちなちょっと可愛いお話です。
お楽しみ頂ければ幸いです。

人気ブログランキングへ ←クリックして頂くと励みになります♪

ジャンル : 小説・文学
テーマ : 自作小説

[ 2011/04/30 10:54 ] 作者より | TB(-) | CM(-)

あとがき

『スペードのA』、連載終了しました。

女子高生と占いという、もっとも身近でありがちな素材を使っての短編でした。

レディ・ジェスターと名乗る女占い師のお婆ちゃんは、かなり昔から私の頭の中にいた人物で、いつか主人公にして書きたいと思っていたんですが実現せず、この短編で脇役として登場させることにしました。

ここでの占いはトランプを使うカード占いで、実際にあるやり方です。私(作者)自身は、占いをする素質なぞないので、カードの読み解き方とストーリーに合わせた象徴的なカードをひねり出すのに少々手間取りました。

私は占いをあまり当てにしないほうですが、それでもテレビでやってるような今日の運勢で一番良くない運勢が出ると、ひっかかりを感じますね。これも一種の暗示なのでしょう。そんな心理をちょっと描いてみたつもりです。

前作の『マイビターバレンタイン』では、バレンタインデーに合わせるために、短期集中連載である分、1ページの字数が4,600以上5,000字前後とかなり多かったのですが、今作では1ページを少ないもので1,600字以上、多いもので2,000字ほどにしています。それが12回なので、全体では20,000字をゆうに越えています。

お楽しみ頂ければ幸いです。


人気ブログランキングへ ←クリックして頂くと励みになります♪

ジャンル : 小説・文学
テーマ : 自作小説

[ 2011/05/11 13:30 ] 作者より | TB(-) | CM(0)

近日公開・・・かも。

「・・・かも。」などと、語尾を濁していてすみません。(^^;ゞ

いつもなら作品を書き終え、推敲した段階で公開するのが私流のやり方なんですが、
次回作は、書きながら、連載公開しようと考えています。
(つまりまだ書き終えてない。途中ということです。)

タイトルは、『もの憂げな三日月』。

執筆の進み具合によっては、定期的に連載できないかもしれませんので、
最初に不定期の連載になることを報告しておきます。

1度の更新で、どの程度の字数にするかを今考えていて、
目処がついたら、公開に踏み切ることにします。


人気ブログランキングへ ←クリックして頂くと励みになります♪

ジャンル : 小説・文学
テーマ : 自作小説

[ 2011/07/02 00:36 ] 作者より | TB(-) | CM(-)

連載を開始します

新作の連載を開始します。長編になる予定です。

 『もの憂げな三日月
  結婚して13年、若嫁のマナミは同居している嫁ぎ先で奮闘していた。
  姑と小姑に悩まされ、子どものいないマナミにとって、結婚生活に疑問が生じる。
  なにより特殊な事情が彼女を孤立させていた。


今作の連載は不定期になるかもしれませんが、ご容赦ください。

お楽しみ頂ければ幸いに存じます。


                            人気ブログランキングへ

ジャンル : 小説・文学
テーマ : 自作小説

[ 2011/07/04 11:43 ] 作者より | TB(-) | CM(-)

あとがきに代えて

『もの憂げな三日月』を完結いたしました。

思えば、昨年7月4日から、不定期更新として連載を開始し、一年余りという長期にわたる作品となりましたことは、作者の私自身も予想外のことでした。

長きにわたってずっと読み続けてくださっていた読者の方々には、ほんとうに感謝の念に堪えません。途中で放棄することもなくお読みいただき、誠にありがたく思う次第です。

『もの憂げな三日月』は、嫁姑問題、結婚や不倫という、オーソドックスなテーマを取り扱っていて、自作の過去作品『ダイニング』と似ていなくもないわけですが、家庭内というものはよそから見えない分だけ、それぞれに問題の中身が違ってくると思われます。

また、専業主婦だったマナミ、ありがちな不倫関係に陥ったユキエ、奔放なトウコの3人を絡めると、意外に面白い生き様の違いを見せることができるというのも、執筆しながら感じたものでした。つまり、最初はこういう展開にする予定ではなかったということで、しかし、結果的にはこちらのほうがずいぶん私も書くのを楽しませてもらえました。

もともとは、中編にまとめてしまうか、長編にするか迷っていた程度の長さだったのですが、トウコや、教室の生徒アヤの登場から話が膨らみ始めて、とうとう兄のサトシまで幅を利かせるような展開になったことから、大長編になってしまいました。

連載開始当初は、2,000字から3000字程度で2日に一度の更新が、だんだん一章の字数が増えて約4,000字が平均となり、私自身が更新に耐えるだけの文章を書くのに手間がかかるようになったため、5日に一度の更新が定着するようになりました。最終話では7,000字ほどにもなってます。結果、長編作品の中で最も長い小説になりました。

私もまたネットから離れれば、ごく普通の一般人。1年余りの執筆中、いろんなトラブルがあり、体調を崩したこともありましたが、続きを待っている方がいらっしゃるということが励みで、御陰様で無事連載を終えることができました。お楽しみいただければ、幸いに存じます。(水之木鈴)



人気ブログランキングへ    ←クリックして頂くと励みになります♪ 

ジャンル : 小説・文学
テーマ : 自作小説

[ 2012/07/17 07:15 ] 作者より | TB(-) | CM(0)

次回作は今少しご猶予を

完結させてから、1カ月たってしまいました。
次回作はいまだ構想の途中でまだまとまっておりません。
プライベートでお盆行事などで慌しいのと、
暑さで頭が回らないことと、
『もの憂げな三日月』の余韻をまだ自分の中では引きずっていることもあり、
次回作が具体的になるまでには今しばらく時間がかかりそうです。
予定としては、現代小説ながら幻想的な要素を含むものになるかもしれません。

暫しお待ちくださいませ。



人気ブログランキングへ ←クリックして頂くと励みになります♪ 

ジャンル : 小説・文学
テーマ : 自作小説

[ 2012/08/16 00:58 ] 作者より | TB(-) | CM(-)

表示変更と近況

お借りしているテンプレートが変更になったため、
こちらでも表示が以前と変わっています。
細かいところを点検中で、今後も変わる可能性はありますが、
あらかじめご了承ください。

執筆のほうは悪戦苦闘中で、物語より構成のほうで難儀しておりまして、
発表までには、まだしばらくかかりそうです。(長編でもないのに)
もしお待たせしているようでしたら大変申し訳ありませんが、
気が向いたときにお越しいただければと存じます。

物語の中の季節感がズレてしまうのが私には無念ですがしょうがないですね。

ジャンル : 小説・文学
テーマ : 自作小説

[ 2012/10/28 13:40 ] 作者より | TB(-) | CM(0)

近日公開予定

新作の連載を近日公開する予定です。

タイトルは、一応、仮題ですが、

 『 勾鱗奇譚 』

中編くらいの長さになると思われます。

これまでは現代小説を書いてきましたが、次の作では、
ジャンルにあてはめるなら、幻想小説といったほうがいいかもしれません。

まだ執筆の最中ではありますが、(これが思いのほか手間取っております)
ある程度、書き溜まったのと、遡って書き直す恐れもないだろうと
近々公開することにしました。
楽しんで頂けるように、心して書き上げたいと思います。



人気ブログランキングへ     ←クリックして頂くと励みになります♪
 

ジャンル : 小説・文学
テーマ : 自作小説

[ 2012/11/27 00:46 ] 作者より | TB(-) | CM(0)

連載開始いたします!

近日公開と言いながら、かなり間延びしてしまいまして、
申し訳ありませんでした。
いよいよ連載を開始いたします。

タイトルは

   勾鱗奇譚

 普通の人より敏感な感覚をもつアマノソウシはゼミ合宿でやってきた地で、
  奇妙で不思議な体験をする。


     (こうりんきたん・・・と読みます。)

現代と、時を超えた世界とがリンクするため、
現代小説というより幻想小説に近いと思いますが、
なによりお楽しみいただければ幸いに存じます。

尚、更新は3日に一度のペースで連載する予定です。
よろしくお願いいたします。



人気ブログランキングへ  ←クリックして頂くと励みになります♪ 

ジャンル : 小説・文学
テーマ : 自作小説

[ 2012/12/10 11:15 ] 作者より | TB(-) | CM(0)

『勾鱗奇譚』あとがき

『勾鱗奇譚』、完結しました。
今回は、ファンタジーの要素をたぶんに含む小説となりました。
書いたことのないジャンルでしたので、慣れないこともあり、
構想を練るのに大変苦労した作品です。

現代での過去の回想シーンと、時代を超えたシーンとがないまぜになるため、
読んでくださっている方が混乱しないだろうかという不安が、
常に頭にありました。

文章がだらけているなと自覚している部分もあります。
毎回思うことですが、書けば書くほど、
ボキャ貧を痛感するありさまで、
それでも読んでくださっている方がいらっしゃることは、
励みになり、ありがたく思っておりました。

書き始めた当初は、中編程度にと考えていたのですが、
結局、長編ほどの長さになってしまいました。
一章で大体3000字前後でしょうか。最終話は5000字ほどになってます。

内容についても、現実と非現実を並行していますので、
私自身が書きながら、辻褄合わせに悩みました。
あくまでファンタジーとして絞り込んだ方が書きやすかったかもしれませんが、
単純に、霊感なんて厄介だと思っている青年を描きたかったため、
かえって現実的な理屈が必要になりました。

ただ、ソウシが行なった儀礼的な行動は、
フィクション(作り物)であることを強調させていただきます。
彼独自のやり方と解釈していただければ結構です。

お楽しみ頂けましたら、作者として、これに勝る創作の喜びはございません。



人気ブログランキングへ ← クリックしていただくと尚一層励みになります。

ジャンル : 小説・文学
テーマ : 自作小説

[ 2013/05/03 00:00 ] 作者より | TB(-) | CM(2)

お知らせ

作品記事に各々のコメント欄はこれまでつけずにきました。
というのも、1章(1ページ)に書く字数が多いので、
コメント欄をつけてしまうと、縦長になりすぎて、
作品として読みづらいのではなかろうかと思ったからです。
(十分、本文だけで縦長になるわけですが。)

ただ、お読み頂いての反応も気になるところではありまして、
コメント欄をどこかでつけたほうがいいだろうとは考えておりました。

そこで今更の、遅ればせではございますが、
感想などをお寄せいただくための記事ページを設け、
そちらのコメント欄を活用していただくことにしました。

ブログサイドの、作品リストに、
感想など一言どうぞ』のカテゴリーで、
各作品への感想をお書き込みいただけるよう工夫してみました。

もしよろしければこちらをご利用くださいませ。

パソコンの前になかなか向き合えず、
お返事を差し上げられない場合がございますが、
どうかご了承ください。(できるだけ努力します。)


 
人気ブログランキングへ ←クリックして頂くと励みになります♪ 

ジャンル : 小説・文学
テーマ : 自作小説

[ 2013/05/07 22:14 ] 作者より | TB(-) | CM(0)

あけましておめでとうございます

2014年(平成26年)の始まりですね。
どなた様にも幸多い年になりますように。

さて、なかなか更新ができずにおります。
構想はあるものの、作品としてまだまとまっていない状態で、
まともに書けておりません。
また長編になりそうなのですが、
それまでに別の短編か掌編でも作ろうかと考えたりしてます。
確約はできませんけれど。(^^ゞ

とりあえず私はお正月はリアルのほうで慌しい三が日になりますので、
がんばって乗り切りたいと思います。

昨年度、こちらにお越し下さり、
作品を読んでくださった皆様、
今年もどうぞよろしくお願いします。


人気ブログランキングへ



[ 2014/01/02 00:46 ] 作者より | TB(-) | CM(0)

やっと

長らく更新できずにおりましたが、
ようやく短編1作、完成間近です。
後ほどアップいたします。

約6000字数ほどで、今までの短編の中でも短いほうですので、
あえて、あらましを書くのはやめておきます。

考えているのは、短編をいくつか書いて、
連作小説にしようかということ。
うまくいくかどうか、・・・というより、
そんなに短編が書けるか心配はあるんですが、
試みとしてやってみてもいいかなと
漠然と考えております。

    
    人気ブログランキングへ ←クリックして頂くと励みになります♪

ジャンル : 小説・文学
テーマ : 自作小説

[ 2014/02/25 00:02 ] 作者より | TB(-) | CM(-)

書きたいのにまとまらない

この1年間は私事がいろいろありまして、
少しも書き進めることができませんでした。

1作書いただけ、しかも短編。

温め続けているものがあるにはあるのですが、
設定や構成でつまずいてしまって一向に形にならないという。

このまま年越しそうな予感。

もうちょっと努力してみます!
創作する気持ちだけは奮い起こしてがんばります!



人気ブログランキングへ
[ 2016/12/20 02:35 ] 作者より | TB(-) | CM(-)

平成29年明けましておめでとうございます

新しい年が明けました。
皆さまの幸多い年になることを心よりお祈り申し上げます。

昨年はほとんど小説らしい小説を書けずじまいでした。
今年こそは頭の中にある物語を形にして書きたいと思います。

未読の作品があればぜひお読みいただいて、
感想などお書きくだされば大変うれしいです。

本年もどうぞよろしくお願いします。


人気ブログランキングへ
[ 2017/01/04 01:54 ] 作者より | TB(-) | CM(-)